病院薬剤師 > 病院薬剤師の仕事の将来性について

病院薬剤師の仕事の将来性について

病院薬剤師は、多くの薬剤師の憧れといっても過言ではありません。なぜなら、限られた人しか病院薬剤師として働くことができないからです。そのためか、病院薬剤師になることは、難しいと考えている人が多いようです。しかし、本当に難しいのでしょうか。
看護師の求人先選びはコチラ

確かに、今まで調剤薬局やドラッグストアのみで働いてきた人であれば、病院薬剤師になるなんて夢だと考えてしまいがちですが、実際のところ難しいとは言い切れないようです。つまり、病院薬剤師の将来は、明るいと考えて良いということになります。もう少々詳しく見ていくことにしましょう。

なぜ、病院薬剤師の将来が明るいのかといいますと、いくつかの理由があります。中でも、代表的な理由として、病棟薬剤師の配置による病院の加算、薬剤師が不足している病院が多いということが挙げられます。 まず、病棟薬剤師の配置による病院の加算についてですが、特に中小規模の病院は、できるだけ収入源を増やすために必死になっていることから、加算が認められることに関しては、積極的に導入する傾向にあります。

その中の1つが、病棟薬剤師の配置なのです。つまり、多くの薬剤師を病棟に配置することで、病院側に入る収入が増えるということですね。また、薬剤師が病棟に増えることで、薬剤に関する知識を医師や看護師に提供することが出来る他、知識や経験を共有することも可能となります。

そうすることによって、より医療の質を高めることができるため、病棟薬剤師の役割は現場で大きいといえるのです。ですから、より質の高い医療を提供したかったり、加算を狙いたい病院が薬剤師を求めるようになってきたということになります。

2つ目の、薬剤師が不足している病院が多いことについてですが、最近の病院では、院内で調剤を行わなくなってきたため、限られた人数の薬剤師しか働いていません。そのため、病棟に配置しようと思っても、薬剤師の人数が足りないことから、医療の質を高めることが難しかったり、点数を狙うことができないという問題点が出てきています。

ですから、優秀な薬剤師を改めて雇いたいという病院が増えてきているのです。 とはいえ、病院によっては、点数稼ぎの為に薬剤師を雇用していたり、病院内の人間関係から、病棟薬剤師としての仕事を全うすることができないケースもあるようです。

以上のことから、病院薬剤師の将来性は十分期待できるとはいえ、転職を希望する場合は、病院の雰囲気や人間関係なども含めた上で、よく調べる必要があるといえるでしょう。
埼玉県薬剤師会