看護師の転職を応援します!

クリニックで看護師として働く!


転職を考えている看護師さんのために、役立つお仕事情報をお届けいたします!

転職前に知っておきたいクリニックのメリット・デメリット



看護師の転職先に選ばれることが多いのは、クリニックや総合病院です。中でもクリニックは、のんびり働きたい方や、家庭と仕事を両立させたい方には、魅力的な転職先に思えるかもしれません。
看護師の上手な転職方法と求人の探し方

確かに、看護師の職場としてクリニックにしかないメリットは多数あります。しかし、デメリットも決して少なくはありません。ここでは、「転職前に知っておきたいクリニックのメリット・デメリット」について迫りたいと思います。

看護師がクリニックで働くメリット

1.プライベートと仕事の両立がしやすい

クリニックは夜勤がないことが多く、常勤に比べて労働時間も少なめなので、時間にゆとりが持てます。その為、生活リズムも崩れにくく、プライベートと仕事のバランスが取りやすいです。

2.総合病院と比べて業務の負担が少ない

大病院であれば、忙しい合間を縫って、勉強会や報告会に参加しなければなりませんが、クリニックにはそれがないので、仕事の負担は少ないです。

看護師がクリニックで働くデメリット

1.給料が少ない

クリニックは夜勤がないので、病院の看護師に比べ、年収が下がるのが普通です。病院だと基本給に夜勤手当が加わるため、クリニックの看護師よりも給料が高くなります。さらに、福利厚生も総合病院と比べると劣る場合が多いです。

2.看護業務のスキルアップは難しい

クリニックの業務は、大病院に比べて負担が少ないですが、スキルアップを図るのが難しくなります。勉強会や報告会を頻繁に行い、日々スキルを磨く大病院の看護師に比べ、クリニックの看護師はスキルアップする機会自体が少ないのです。

クリニックでは、医師の診療介助などが主な業務であり、高度な看護技術を使う機会はあまりありません。スキルアップしたい看護師には厳しい環境と言えるでしょう。

3.人間関係の問題

クリニックは従業員が少人数で職場も狭い為、人間関係が濃くなりがちです。反りが合わない人ができると、大きな病院よりもストレスは大きくなります。病院は人数が多い分、「敵」もいますが、味方も作りやすいのです。

さらに、転職先のクリニックで医師と性格が合わないと、働き続けるのが難しくなります。クリニックは病院に比べ、権力を振りかざす医師がやや多いといわれています。

総合病院の場合、他の医師がブレーキ役になってくれるでしょう。しかし、クリニックは医師が一人しかいないことが多い為、歯止めが効かなくなってしまうのです。

4.休みが取りにくい

クリニックの仕事は、大病院よりものんびりとできるイメージを持つ方は多いと思います。しかし、実際は違います。クリニックは看護師が少ないので、一人休んだだけでも業務に支障が出るのです。

一人当たりの仕事量が多いので、誰かに休まれると出勤してる人の負担は格段に増えます。例え、やむを得ない事情で休んだとしても、その後の人間関係に支障をきたしてしまうこともあり得るのです。

自分に合ったクリニックを選ぼう!

上では、転職先としてのクリニックの魅力や、欠点について紹介しました。これらを踏まえて、やっぱりクリニックで働きたいという看護師もいると思います。以下では、転職先として、クリニックを選ぶ上でのポイントを紹介します。

給料を重視する方におすすめ

―産婦人科(レディース)のクリニック

年収500万円以上の求人が多いです。福利厚生も充実しており、クリニックにしては好条件な求人が多いのが特徴です。

ただ、オペ室の経験が求められることがあり、採用の難易度はやや高めといえます。さらに、クリニックとしては珍しい夜勤業務があるので、日勤希望の看護師には向きません。

―美容外科・皮膚科のクリニック

基本給が高く、年収は420万円からの求人が多いです。夕方~夜にかけて患者が増えるため、勤務時間は20時までとやや遅めですが、夜勤業務はありません。夜勤を避けたい看護師にはおすすめです。

―透析のクリニック

年収は360~450万円が相場です。月収は経験者より少なくなりますが、未経験の看護師でも応募できます。最近は求人が増えつつあり、看護師の需要も高まっています。遅番や準夜勤はありますが、夜勤はありません。

負担が少ない職場を希望する方におすすめ

―内科

年収は350万円、パートの時給は1500円以上が相場です。求人は外来が多く、次いで多いのは看護業務です。内科だけのクリニックは少なく、大抵は外科や循環器科等、その他の診療科を併設しています。

夜勤や遅番がないので、生活リズムを乱すことなく仕事ができます。

―精神科・心療内科

基本給は400万円からのものが多いです。主な業務内容は外来や診療介助で、仕事の負担が少ない割りに、給料は高めになっています。

しかし、求人の数がとても少なく、転職活動は困難を極めます。メンタル専門のクリニックが少ない地方だと、求人を見つけること自体が難しいです。精神科・心療内科のクリニックに転職希望の方は、都市部も視野に入れましょう。

まとめ

以上で、様々な転職先としてのクリニックを紹介しましたが、自分に合ったクリニックは見つかりましたか?

転職先で長く働く為にも、勤務条件は特に入念にチェックする必要があります。夜勤や遅番の有無、休みの取りやすさ、給料に夜勤手当が含まれているか等は、応募する前にしっかり確認しておきましょう。

また、「以前退職した人がどれくらいの期間で辞めているか」という情報も参考になります。期間が短かったら、そのクリニックには何か問題があるのかもしれません。その場合は、ひとまず応募を見送るという選択肢もあります。

転職活動の際は、看護師転職支援サイトの利用をおすすめします。クリニックに直接応募すると、事前に聞いた約束とは違う条件で働かされることが多々あります。

転職サイトのエージェントを通せば、こういった違法行為を防ぐことができるので、積極的に活用していきましょう。
埼玉県薬剤師会

↑ PAGE TOP