病院薬剤師の転職を応援します!

薬剤師の代表的な勤務先について簡単にご紹介いたします!


転職を考えている薬剤師さんのために、役立つお仕事情報をお届けいたします!

薬剤師の主な4つの勤務先

薬剤師が働いている私たちの生活の身近な職場といえば、ドラッグストアではないでしょうか。 薬剤師が活躍する勤務先は、主に4つあります。 ドラッグストア、製薬メーカー、病院、調剤薬局です。

薬剤師という同じ名前でも、勤務先によって仕事内容に多少の違いがあります。 ドラッグストアに勤務する薬剤師は、薬だけを扱うわけではありません。 スーパーと一緒になっているドラッグストアが多いので、その場合は販売員の役割も果たします。 ドラッグストアで仕事をする薬剤師は、薬だけを扱うケースの方がまれなくらいです。 トイレットペーパーなどの日用品も、担当の範囲内になります。

製薬メーカーの場合は、その中でも勤務先がいくつかに分類されます。 卸業者や製薬メーカーなどです。 製薬メーカーの研究職に配属になると、薬剤師の方だけでなく、薬剤師資格を取得していない方も勤務しています。

研究が終了すれば治験の作業に入りますが、多くのメーカーは外注に治験を頼んでいます。 その際に、治験薬を持参してさまざまな病院のデータをもらうのですが、そのデータ管理などの仕事を薬剤師が行っています。

病院で働く薬剤師は、外来の患者さんではなく入院されている方に調剤します。 午前中に医師が患者さん一人一人のところを回り、必要な情報を出します。 薬剤師は医師からその情報を受け取り、適切な処方をして、患者さんに渡しに行きます。

入院経験がある方なら、病院勤務の薬剤師に直接接した経験があるかもしれませんね。 薬を渡され、どのような作用のある薬なのかなどという説明がなされたことでしょう。

薬剤師の1/2以上の方は、調剤薬局で働いています。 クリニックや病院で診察を受けたあと、処方箋の薬を受け取る場所がありますが、そこが調剤薬局です。 クリニックや病院以外の場所に移動し、薬だけをもらったことはありませんか。 その調剤薬局で薬を出してくれているのが、薬剤師です。

資格をこれから取ろうと考えている方は、どんな職場で仕事をしたいかというビジョンを明確にしてみるといいのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP