病院薬剤師の転職を応援します!

薬剤師になるためにクリアするべきハードルとは!


転職を考えている薬剤師さんのために、役立つお仕事情報をお届けいたします!

薬剤師になるためにクリアするべきハードルとは!

薬剤師として働くためには、資格の取得が必要になります。 薬剤師国家試験を受験し合格した人だけが、薬剤師の仕事に就くことができます。 薬剤師の国家試験は誰でもチャレンジできるわけではなく、受験資格は薬科大学薬学部を卒業している人にあります。

薬科大学というと以前は4年制だったのですが、現在は6年制に変更されています。 新しい制度に変わったことで生じる不都合などを解消する目的の対応として、卒業後一定期間は受験できるように配慮されています。4年生の薬科大学を卒業したとしても、国家試験に合格せず資格がないままでも可能になっています。薬剤師資格を持っていない薬科大学卒業生も、今は少なくありません。

薬剤師の国家試験を受験して合格する人の割合は、全体の80%以上です。 国家試験は難しいイメージがありますが、受験資格がそもそも薬科大学に合格できるハイレベルな人たちであることから、これほどの合格率の高さを維持しているのでしょう。

薬科大学に入学したら、どのようなキャンパスライフが待っているのかと期待に胸を膨らませることでしょう。 大学生活といえば、一般的にアルバイトに明け暮れたりサークル活動で仲間たちとワイワイ楽しむものですが、薬科大学の場合は全く違います。

研究、実験、試験、実習が多くて忙しいため、時間の余裕がありませんので、大学生らしい遊びばかりしたい方は、やめた方がよさそうです。サークルなどに加入したとしても、あまり参加できないと思ってください。 薬剤師になるために薬科大学で受ける授業は、薬学だけに限らず、病気、人体などにも及びます。 科学などの分野も学習対象です。

薬剤師の国家試験に合格するために、大学以外にも学習する場はあります。 薬剤師専門に作られた予備校です。現役の大学生は、学校が終わってから行きます。試験に落ちてから再チャレンジする方は、卒業生として受験資格はありますので、予備校で試験対策に集中することができます。 大手の予備校の数はあまり多いとはいえませんが、小規模なところでしたら全国にありそうです。

↑ PAGE TOP