病院薬剤師の転職を応援します!

未経験でも採用されやすい仕事とは?


転職を考えている薬剤師さんのために、役立つお仕事情報をお届けいたします!

未経験の薬剤師だけど求人はあるの?

薬剤師は経験が有利となる職業ですが実はその職種の仕事が 未経験であっても大丈夫という求人は意外とたくさんあるのです。 調剤薬局やドラッグストアはもちろんのこと、 企業でも未経験可の求人が出されています。 もちろん職場にもよりますが、経験者が優遇され、 未経験者がなかなか採用されないところもあります。

特に企業の場合は即戦力を求めるところが多いですので 未経験不可なのか可なのかはっきりわかれています。 中でも未経験でも採用されやすいのが治験のお仕事です。 治験のお仕事とは治験コーディネーターなどで、 薬剤師として3年以上の実務経験があれば応募できるところが多いです。

逆に、未経験が採用されにくいのは 薬事業務や安全情報管理などのお仕事です。 このようなお仕事の求人は、同じ職種の 実務経験がある薬剤師のみが応募可能というところが多いです。 ではなぜこのような差があるのでしょうか?

それは業務内容に関係してくるからです。 未経験者が採用されにくかったり応募不可の職場の仕事は、 高い専門知識が必要不可欠の職場なのです。 薬事業務の場合は、薬事法をきちんと理解していなければなりません。、 安全情報管理は、専門用語を英語で扱うことが多いのです。

なので語学力に優れていなければなりませんし、 専門用語も理解していなければなりません。 安全情報管理の場合、ほかに医薬翻訳者や国際合同治験など 英語での薬剤師業務の経験が必要となります。 一方未経験でも大丈夫という職場はというと人数が必要な職場が多いです。 治験の場合は、チームで仕事をしていくため積極的に求人を出しています。

また、治験の場合は入社した後に未経験でも 一から知識を学べる教育を充実させているところが多いので 未経験でも受かりやすいというわけなのです。 薬剤師で未経験でも新しい職種に挑戦してみたいと 思ったら、まずはどの分野が未経験でも大丈夫なのか調べてみましょう。

やってみたいと思ったことが経験者のみが対象と いうこともありますので、調べることは大切です。 また、未経験者でも大丈夫の場合でも、 やはり経験者と比べたら不利になることは確かです。 即戦力の強い経験者が選ばれやすいのは当たり前です。

その未経験というハンデは、自己分析をきちんとすれば 経験者に勝てるということもあります。 今までの経験でどのようなスキルや知識をみにつけたのか きちんと理解をして、そのスキルが仕事にどのように 生かすことが出来るのかアピールしましょう。

↑ PAGE TOP