病院薬剤師の転職を応援します!

年収アップへの道は様々あります!


転職を考えている薬剤師さんのために、役立つお仕事情報をお届けいたします!

薬剤師の中でも高収入の職種とは

薬剤師が活動できる職場で特に高収入を 狙えるのは企業で勤務することです。 企業での薬剤師の平均年収は600~700万円ほどです。 中には1000万円以上あるひともいます。 因みに薬剤師全体では500万円前後が平均ですので 企業で勤務するということはかなり高収入なのです。

企業で薬剤師は一体どのような仕事をするのかというと 治験、流通、管理のいずれが企業の主な薬剤師の仕事となります。 治験は新薬を被験者に投与してその効果などを 確認する仕事であり、臨床開発モニターや 治験コーディネーターが主な職種です。

流通は新薬を医療機関やドラッグストアなど 薬を扱う会社などに販売(営業)する仕事です。 医療情報担当者や医薬品卸売担当者などです。 そして管理のお仕事は新薬開発に使う新薬を 管理したりするお仕事ですが、こちらはなかなか 求人が出されることは無く、企業の求人の ほとんどは治験や流通だと思って良いでしょう。

企業の薬剤師は高収入ということがわかりましたが 実は企業以外でも高収入を狙える職場はあります。 それはドラッグストアです。 ドラッグストアの場合、店長クラスになると年収700万円 ほどもらえるようになる企業もあります。

ドラッグストアで勤務して昇格していけば その分高収入を狙えるということなのです。 逆にあまり年収が伸びにくいのが調剤薬局や病院勤務の薬剤師です。 その理由は診療報酬が減額されているということなどで 調剤薬局や病院では年収が減少している傾向にあります。

場所によっては調剤薬局でも高収入を得られるように 対策しているところもありますが、 病院では基本的に高収入は狙えないが現実です。 やはり働くならば、高収入のところで働きたいですよね。 高収入の求人を探すのならば、まずは職種を決めましょう。

企業やドラッグストアならば高収入を狙えますし、 調剤薬局は地域によっては高収入を狙えます。 特にドラッグストアの場合は、経験を積めば積むほど 昇格していき、店舗勤務から本社勤務になるとういうことも ありますので経験次第で高収入が期待出来ます。

企業の場合は職種が非常に細かくわかれているので、 どの分野を希望するのか決めておきましょう。 それにより仕事内容がかなり変わってきます。 転職サイトを利用すれば、仕事について調べたり 求人を探すことが簡単にできるのでおすすめです。

↑ PAGE TOP